ABOUT

結婚だけが
すべてではない、
と思います。

結婚は人生の大きなターニングポイントですが、
結婚は繋がりのなかのひとつです。
価値観の多様化が認められるいま、婚活も変わります。
「繋がる=結婚」だけでなく、自分の人生を豊かにするために、
自分の人生を考えるきっかけを作るために。

ちいさな町には
ちいさなマチの婚活がある。

わたしたちが住む、竹田市は大分県の山奥「奥豊後(おくぶんご)」と言われる地方の小さな町です。
出会いの絶対数が多い都市の婚活と、地方の婚活はきっと違うと思います。そこで、こんな仮説をたてました。

「結婚を前提に付き合いを始めるより、つながりが生まれることの方が大事なのではないか」

地方では「いままでの暮らしかた」が大事にされることがあります。でも、暮らしかたにも多様性が必要です。婚活だって、一緒に本を読んだりおすおすすめの本を紹介したり、家族のあり方を一緒に話したり、お見合いだけに縛られなくてもいい。結婚するかしないか、を選べることも婚活の選択肢にいれていい。
私たちはそんな暮らしかたの多様性を知る「ライフデザイン」の取り組みからはじめます。

しらべる

しっているようで知らない
マチに住む人のこと。

そもそも、婚活支援は竹田でもとめられているのか?わかっているようでわからない婚活の事情を知ることで、竹田に必要な婚活支援を考えます。

知る

みんなで暮らし方を
考えることからはじめる。

みなさんから教えてもらった結果から、まずは同じ地域に住む方どうしの接点がすくないことがわかりました。結婚した方の暮らしかたを具体的に聞き、話すことで「そもそも結婚するって何なのか?」「結婚は必要なのか?」というところから考えるワークショップをはじめています。

つながる

「いっしょにやる」
からはじまることがある。

同じ時間を過ごす中で、つながりができます。気の合う人どうし、そのあとでかけてもいいし、友達になるだけでもいい。関わる方の暮らしが豊かになるのが「竹田えんむすび」です。