JOURNAL

知る
【開催報告】8/25オトナの夏祭り
〜プチ縁日&肝だめし&花火〜

提灯の下がった屋台に、住職の怪談話…
「お寺でオトナの夏祭り」、童心に帰って楽しみました。

夏祭り」って
なんとも魅惑的な響きですよね。
幼いころにわくわくした、
縁日のガヤガヤしたあの雰囲気。
日常とは異なる
あの独特な世界観を思い出すからか、
大人になった今でも
心がつい 動かされます。
……………
こんにちは。
運営スタッフのコウノです。

今回は、8月25日(土)に
大分県竹田市の
真宗大谷派 龍洞山 光西寺」さんにて開催された、
お寺でオトナの夏祭り〜プチ縁日&肝だめし&花火〜」の様子についてお伝えします。
……………

今回は
市内外在住の独身男女28名(男性16名/女性12名)が参加。
3つのチームに分かれて交流しました。

まず、スタッフから開催の挨拶があり、
当イベントの目的についてご説明します。


その後、
会場となった「光西寺」の
若住職相良義和さんよりお話をいただきました。

……………
まず、チームごとに
自己紹介を進めました。

あるチームでは、隣同士
「はじめまして。タロウ(仮)です
「え!俺もタロウ(仮)です!
というミラクルが起きて、
距離感が一気に縮まっていました。


名前が一緒だと嬉しいですね〜

……………

チームが和んできたころに
流しそうめんを開始。

「よいしょ」
「あ、器は私が持ちますよ」と
自然と男女で役割分担をしたり、

「まだ食べてないやろ。
俺が変わるで」と
流す当番を交代したりしながら、
夏の風物詩を楽しみます。

……………
ここで一度、
グループチェンジです。
男性が時計回りにチームを移動し、
また自己紹介をしました。
……………
続いて実施した
チーム対抗のスイカ割りリレー
予想以上の白熱ぶりを見せました。


各チーム男女1名ずつ代表者を選出し、
まず女性が風船
次に男性がスイカを目指します。
棒を受け取ったら、
まず 目隠しをして5周回転。

チームメイトの
「右!」「左!」という
声を頼りに進んでいきます。

あるチームの女性は
そのままダッシュ!」の声に従うも
行き過ぎて溝に落下!
男性陣に引き上げられた後は
ボディガードのように付き添われて風船に当てました。

優勝チームは
2分8秒の好成績でした。
……………
プチ縁日がスタートすると、各チームから男女ペアを選出して
屋台の店主も担当していただきました。

きゅうり串、


唐揚げ、

フランクフルト

広島風お好み焼

ドリンク…と
夏らしいメニューが並びます。

鶏モモの唐揚げブースでは
女性も食べやすいように」と
男性店主が
包丁で切り分ける姿も。


チームごとに
テーブルで美味しくいただきます。


(フランクフルトを焼く
相良若住職の表情は 真剣そのものでした…!)

……………
グループチェンジの後は
お寺ならではの肝試しです。
まず 本堂に移動して、
相良若住職による
怪談話が披露されました。
なぜか?
会場からは拍手の音が…。
その後あみだくじで
男女のペアをつくっていただき、
お寺の周辺を
ぐるりとお散歩しました。
……………
最後はいよいよ、
お待ちかねの花火です。

吹き上げ花火打ち上げ花火
思わず 子どものような笑顔になる
参加者の皆さん。

日本製の線香花火
花火の
持続時間が長いような気がします。

「あー…俺の人生(線香花火)終わったわ…」
「ほら。第二の人生(花火)、まだあるよ」
「第三の人生(花火)もあるよ〜」と
お代わりの線香花火を
人生に見立てて手渡す様子が面白かったです。

しっとり、うっとり。
濃密な時間
でした。


……………
最後に、
主催者の市原から挨拶があり
イベントは終了しました。
当日は
大変 暑い中での開催となりましたが、
かえってそれが
皆さんの会話や
思いやりのきっかけになっていて…。
とても救われる思いでした。
ご参加くださった皆さん、
今回もありがとうございました。


……………
さて、
次回は9月に
豊後大野市の
「ゲストハウスLAMP 豊後大野」さんにて
イベントを開催予定です。

また告知いたしますので、
詳細をお楽しみに〜
……………

竹田えんむすびでは独身者を中心としたイベントやワークショップをこれからも開催していきいます。
今後開催されるイベント情報などはサイトまたはLINE@(line://ti/p/@bkv0295h)の登録でご覧頂けます。

=================
最後に今回のイベントではさまざまな方の協力をいただくことができました。
【会場】「真宗大谷派 龍洞山 光西寺」 大分県竹田市大字竹田町2137
会場設営から怪談話までしてくださった相良 若住職は独身で、参加者の皆さんとも同世代。
「竹田えんむすび」のコンセプトにご共感いただき、各イベントでいつもお世話になっています。

【食事】
萩原さん(各食材のコーディネート/自家製ケチャップ など)
萩原さんの所属するユニット「icoi cafe」https://www.facebook.com/icoi.taketa/)手作りの絶品スイーツが、城下町の「御客屋敷月鐘楼」にていただけますよ。

「藤近精肉店」(鶏の唐揚げ)
(大分県竹田市大字玉来1023/TEL:0974-63-3088/8:30~18:30/定休日 水曜日)
地域で親しまれている精肉店の唐揚げです。ご飯の進む しっかりした味付けで、冷めても美味しい。

「お好み焼がんぼ」(広島風お好み焼き)
(大分県竹田市竹田町286/TEL:0974-70-4183/11:00~14:00 17:30~22:00/定休日 火・水曜日)
甘辛いオタフクソースに、蒸されたキャベツの甘みがよく合います。竹田市へ嫁ぐ娘と一緒に、店舗ごと移住したパワフルなお母さん!お持ち帰りもぜひ〜

「ゴールデンミルクのガンジー牧場」(フランクフルト)
(大分県竹田市久住町大字久住4004-56/TEL:0974-76-0760/9:00~17:00/年中無休)
日本では数百頭しか飼育されていない、希少なガンジー牛の乳製品が味わえます。ソーセージやチーズ、そして濃厚なソフトクリームもおすすめです。
http://www.guernsey-farm.net/index.html
=================